スポンサーリンク

【平成30年度改定】訪問介護~生活機能向上連携加算の拡充

自立支援・重度化防止の流れの中、生活機能向上連携加算が拡充されました。

生活機能向上連携加算とは、外部のリハビリテーション専門職と介護サービス事業所が連携することで取得できる加算です。

この加算は、利用者が在宅において、できる限り自立した生活を送れるように、生活機能向上を図ることを目的としており、今後ますます注目を集めると思われます。

変更点は?

変更されたのは次の2点です。

① サ責の連携相手が拡大された

サ責の連携相手に、「医療機関」のリハビリ専門職や医師が加わりました。従来は「介護保険の訪問リハビリ・通所リハビリ」のリハビリ専門職が対象となっていましたが、医療機関もOKとなったものです。

② 加算区分がⅠとⅡになった

加算区分が2つになり、必ずしもリハビリ専門職が家庭訪問をしなくても加算が取れるようになりました。

詳細は、次の通りです。

(厚生労働省HPより)

なお、生活機能向上連携加算は、平成30年度の介護報酬改定で、新たに「通所介護」や「短期入所生活介護」などでも加算が算定できるようになっています。