看護・介護者向け「腰痛予防講習会」が開催されます

7月から来年1月にかけて、看護・介護者向け「腰痛予防講習会」が47都道府県にて開催されます。

講義では装着型ロボットを用いた好事例の紹介などが行われ、実技では「介護用福祉機器」を用いた実技と腰痛予防体操などの講習が行われるとのことです。

【講義】

  •  腰痛の発生状況、腰痛の影響要因、対策のための体制づくり
  •  作業空間、床面等の作業環境の改善
  •  腰痛予防対策チェックリスト、リスクアセスメントの活用
  •  腰痛予防対策に関する機器(装着型ロボット等)の紹介

【実技1】

  •  介護用福祉機器を用いて腰部の負担を軽くする作業ポイントの解説
  •  介護・看護作業の場面を想定した介護用福祉機器の使い方の体験

【実技2】

  •  (腰部の負担を軽くする)作業姿勢 、作業動作
  •  腰痛予防体操の体験

ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

詳細・申し込みはこちらまで。




角村俊一

社会保険労務士/介護福祉経営士/認知症サポーター/2018年度・17年度「介護労働者雇用管理責任者講習」講師/2017年度「介護分野における人材確保のための雇用管理改善推進事業」サポーター/2018年度「埼玉働き方改革推進支援センター」アドバイザー ほか