注目される健康経営!

働き方改革関連法案が成立し、働き方改革への気運が高まっています。

長時間労働の是正は健康問題と密接にかかわっており、健康経営の推進とも切り離せないといえます。

今回は、健康経営についてみてみましょう。

健康経営とは

最近、健康経営という言葉を見聞きすることが多くなりました。

通常、会社では定期健康診断やストレスチェックなどにより、従業員の健康管理に取り組んでおりますが、健康経営とは、従業員の健康管理を経営的な視点でとらえ、健康増進に積極的に取り組む経営をいいます。

健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できる」との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、 戦略的に実践することを意味しています。(NPO法人健康経営研究会HPより)

健康経営に対する関心が高まっている背景には、少子高齢化による労働人口の減少や従業員の高齢化などがあり、また、法規制の強化や、「健康経営銘柄」の選定など健康増進に積極的に取り組む企業を社会的に評価する仕組みの整備が挙げられます。




健康経営のメリット

健康経営への積極的な取り組みにより、従業員の創造性の向上、生産性の向上、企業イメージの向上などが期待できます。

また、従業員の健康管理・健康づくりの推進は企業におけるリスクマネジメントとしても欠かせません。

協会けんぽの取組み

協会けんぽにおいても、働く人の健康づくりに積極的に取り組んでいるところです。例えば、協会けんぽ東京支部では「健康企業宣言」を実施しています。

働く人とそのご家族の健康を守るため、協会けんぽ東京支部は、事業主の皆様と連携した「健康企業宣言」に取組んでいます。事業主の皆様に「企業全体で健康づくりに取組む」ことを宣言いただき、その取組みのサポートを協会けんぽ東京支部が行うものです。(協会けんぽHPより)

定期健康診断とストレスチェック

企業全体として健康経営に取り組むには、働く方の協力が必要不可欠です。

従業員においては会社が行う定期健康診断やストレスチェックをしっかり受け、自己の健康管理に積極的に取り組むことが求められます。

生涯現役社会ともいわれる現代社会において、働く人の健康増進に対する関心は今後も高まると思われます。

企業が人で成り立っている以上、健全な企業となるには、働く人の健康への投資が欠かせません。

労使ともにベクトルを合わせ、健康経営に取り組む企業が増えることを期待したいと思います。




角村俊一

社会保険労務士/介護福祉経営士/介護職員初任者研修修了/2018年度・17年度「介護労働者雇用管理責任者講習」講師/2017年度「介護分野における人材確保のための雇用管理改善推進事業」サポーター/2018年度「埼玉働き方改革推進支援センター」アドバイザー ほか