スポンサーリンク

仕事と家庭の両立支援で助成金!

bizocean(ビズオーシャン)「コラムの王様」にて、「仕事と家庭の両立支援で助成金!」が公開されました。

子どもが減っています。令和元年の出生数は86万5234人となりました。前年より5万3166人の減少です。出生数のピークは269万6638人(昭和24年)ですから、激減といえるでしょう。

出生数減少の要因は多々あると思われますが、安心して子どもを産み育てることができる環境が整備されていない状況は、大きな要因の1つであると考えられます。待機児童の解消や父親の積極的な育児参加、育児休業が不利にならないキャリア形成など、社会的に取り組まなければならない課題が横たわっています。

続きは「仕事と家庭の両立支援で助成金!」へ。