テレワーク規程作成時の注意点は?

働き方改革の一環であるテレワークが、突然身近なものとなりました。コロナ禍において、多様で柔軟な働き方を選択できる社会が姿を現しつつあります。

働く時間や場所を自由に選べる働き方は、ワークライフバランスの実現をさらに後押しするものとなるでしょう。育児や介護など、働き方に制約がある労働者が働き続けることができる環境整備も進むと思われます。

ただし、テレワークは従来のオフィスワークとは異なります。企業は働き方のルールを設け、適切に労務管理を行っていかなければなりません。あいまいな運用はトラブルの元。優秀な人材の流失にもつながります。

テレワーク導入時にはテレワーク規程等を作成して、ルールを明確にしておきましょう。

全文はこちら