労務管理支援

経営には、「人、物、金、情報」の4要素があるといわれます。

特に介護事業においては、「人」が提供するサービスそのものが商品としての価値を持つことから、「人」についてしっかりと考えなければ、経営そのものが立ちゆかなくなることでしょう。

従業員に気持ちよく働いてもらうには、働きやすい職場環境、無理のない労働条件、研修制度の充実、わだかまりのない人間関係など、働くにあたっての重要な基盤を整備する必要があります。

一言でいえば、「労務管理をどうするか」ということです。

複雑で分かりにくい労働諸法令を遵守しつつ、過不足なく人員を配置し、サービスの質を充実させ、利用者の満足度の向上を図るための基本となるのが労務管理です。




労務管理チェック

労務管理には様々なチェック項目がありますが、例えば、以下の項目について、チェックしてみてください。

  • 業員数10名以上の事業所ごとに就業規則が作成され、提出していますか?
  • 就業規則には労働基準法に定められている必要記載事項が明記されていますか?
  • 契約社員、パート・アルバイト等の非正規用の就業規則がありますか?
  • 就業規則で育児・介護休業法の対応が適切に明記されていますか?
  • パート就業規則にパート労働法で必要とされる昇給や賞与の記載がありますか?
  • 高年齢雇用安定法に基づく適切な対応がなされていますか?
  • 管理監督者の範囲は適切ですか?「名ばかり管理職」になっていませんか?
  • 雇い入れ時に「書面」で労働条件を明示していますか?
  • 有期契約労働者の契約の更新手続き、更新の有無、理由の提示など適切ですか?
  • 年次有給休暇をパート、契約社員等の人も含めて付与していますか?
  • 相談窓口の設置などセクハラ、パワハラ対策をしていますか?
  • タイムカードなどで、労働時間の把握や管理を適切に行っていますか?
  • 1週40時間を超える労働が月間80時間を超えるなど長時間になっていませんか?
  • 事業場外みなし労働時間制は法律に則して運用されていますか?
  • 事業所ごとに毎年36協定書を締結し、労働基準監督署に提出していますか?
  • 36協定書の内容と実態があっていますか?
  • 従業員過半数代表選出の際、会社が指名するなど不適切になっていませんか?
  • 時間外労働に対する残業代はきちんと支払われていますか?
  • 残業時間の計算等で端数切り捨て(15分未満切り捨て)で処理していませんか?
  • 管理監督者に対しても深夜労働に対する割増賃金を支払っていますか?
  • 割増賃金の計算方法の時に各種手当を抜いたりしていませんか?
  • 社会保険・雇用保険の加入時期は適切ですか?
  • 適切な社会保険料率で給与計算がなされていますか?
  • 社会保険・雇用保険に加入すべき従業員を適切に加入させていますか?
  • 労働保険料の計算の時、兼務役員の従業員部分も含める等適切にしていますか?
  • 雇い入れ時健康診断を対象者に適切に実施していますか?
  • 定期健康診断を対象者に適切に実施していますか?
  • 労働者名簿、賃金台帳等の保存義務のある書類は適切に管理されていますか?

いかがでしたでしょうか?

一度労務トラブルが起きてしまうと、その対応には時間と費用がかかります。他の従業員にも飛び火しかねません。非常に不愉快な思いをすることもあるでしょう。

労務トラブルを引き起こさないよう、適切な労務管理を心がけたいものです。